屋根塗装

外壁以上に、天候からの影響を受けている屋根。
その理由は、建物の一番高いところにあるからです。

台風時の暴風雨や、真夏の直射日光、真冬の大雪にも耐えられるように備えておく必要があります。
「部屋のあちこちで雨漏りがする」ようになってしまっては、塗装ではもう対処ができません。
そうなる前に、コストパフォーマンスが良い屋根塗装メンテナンスで、住まいの健康を守りましょう。


屋根塗装の流れ

【 STEP 1 : 高圧洗浄 】
長年溜まったホコリや汚れに加え、カビ・苔・旧塗膜などを、一気に洗い落としていきます。
万が一この作業を行わないと、汚れた上から塗装することになり、塗料の持つ機能を最大限に発揮できなくなります。

【 STEP 2 : 下地処理 】
屋根材の種類や劣化状態に応じて、研磨作業(ケレン)を行います。
ひび割れや欠損がある場合は、コーキング材などで丁寧に埋め、補修していきます。

【 STEP 3 : 下塗り(プライマー) 】
プライマーとは別名シーラーとも呼ばれ、下塗り材として使われています。
カラーベスト屋根に対して、後工程である上塗りとの密着性を高め、傷んでいる下地を整える働きをします。
※金属屋根の下塗りには、錆止め機能を持つ塗料を使用します。

【 STEP 4 : タスペーサー挿入 】
タスペーサーとは、屋根の水はけを良くさせるために取り付ける器具です。
カラーベスト屋根の重なり部分に差し込んで隙間を作り、雨水の通り道を作って雨樋に流します。
塗り替えた後に雨漏りが起こった場合は、タスペーサーが入っていない可能性があります。
屋根の塗り替え工事を行う際は、必ず事前の見積り時に確認しておきましょう。

【 STEP 5 : 塗装 】
お客さまにお選びいただいた塗料を丁寧に塗っていきます。
1度目は下塗りと言い、塗膜の補強が目的。
2度目の上塗りは、仕上がりの美しさを重視します。

【 STEP 6 : 完工→お引き渡し 】
屋根の塗装が終われば、必要に応じて、軒先や・破風板・雨樋などの塗装を行います。
お客さま立会いのもと、検査を行い、問題がなければお引き渡しをして終了です。


外壁塗装・家の塗り替えなら、大阪市城東区の株式会社平田建装へお任せください!

【直通TEL】 090-4496-9974 (事務所 06-7505-6255/9:00~18:00・日祝休み)
【メール】 こちらのフォームからどうぞ(24時間受付)≫

外壁塗装≫ 屋根塗装≫ コーキング≫ 防水塗装≫ 室内(内装)塗装≫ オフィスビル・店舗・集合住宅ほか≫ サイディングの塗り替え≫ リフォーム≫ オーダークロス≫

一覧に戻る

▲TOPへ