外壁塗装

よく耳にする、「外壁塗装は、した方が良いの?」のお声。
答えはもちろん「YES」です。

外壁材によってその周期は異なりますが、最適な時期に行う塗り替え工事はとても効果的。
ここでは、「外壁塗装をしないとどうなるのか?」を具体的な症状を交えてご紹介していきます。


塗り替えをしないとどうなる!?

【 症状 1 】 金属のサビによる劣化・穴あきが発生
住宅をはじめ、建物には様々な金属が使われています。
美観性の問題と間違われる方が多いのですが、金属のサビは早めの手当てが必要です。

これは経年劣化による異常が発生した状態で、放置できない部分。
いずれ塗装・補修・修理では手に負えなくなり、『交換』が必要になって結局は高くついてしまいます。

【 症状 2 】 窒素系サイディングの反り
窒素系サイディングとは、新興住宅で最も多く使われているサイディング外壁。
表面に塗装加工がされているため、約10年を過ぎたころから、塗装メンテナンスが必要とされています。

塗り替えを行わずにいると、チョーキング(手に白い粉が付く)や、クラック(ひび割れ)が起こり、最終的に外壁材自体が反りはじめます。
こうなると対処策は、外壁材の交換しかありませんので、最適な時期に塗装を行いましょう。

【 症状 3 】 目地部分のシーリングが劣化
外壁材やサッシのつなぎ目を見てみましょう。
シワシワになっていたり、ちぎれていたり…、こんな症状はありませんか?

この症状は早急にシーリングの打ち替えが必要でしょう。
シーリング工事について詳しく見る≫


見た目の美しさにこだわる方が多いですが・・・
“美観性の損失”に関しては正直、“住む人がどこまで許せるか”に限ります。
色あせや黒ずみは、塗装面が劣化した初期症状ですので、「お隣と比べたらやっぱり…」と、気になったタイミングでご決断いただいても遅くはないでしょう。

一方で、家のイメージチェンジを図るために、何度も塗り替えを依頼される方も多くいらっしゃいます。
もちろん、バイカラーデザインやレンガ調など、デザイン面でのご要望にもお応えします。
私たちと一緒に、他にはない“唯一無二のマイホーム”をつくりましょう!


外壁塗装・家の塗り替えなら、大阪市城東区の株式会社平田建装へお任せください!

【直通TEL】 090-4496-9974 (事務所 06-7505-6255/9:00~18:00・日祝休み)
【メール】 こちらのフォームからどうぞ(24時間受付)≫

外壁塗装≫ 屋根塗装≫ コーキング≫ 防水塗装≫ 室内(内装)塗装≫ オフィスビル・店舗・集合住宅ほか≫ サイディングの塗り替え≫ リフォーム≫ オーダークロス≫

一覧に戻る

▲TOPへ